ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年04月13日 06時41分 公開

Microsoft、音声認識のNuanceを262億ドル(約2兆円)で買収すると正式発表

Microsoftが音声認識大手のNuance Communicationsを買収すると発表した。買収総額は197億ドル(約2兆1551億円)。AzureやTeamsなどにNuanceの技術を統合し、主に医療業界向けソリューションを強化する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月12日(現地時間)、米音声認識大手のNuance Communicationsを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は197億ドル(約2兆1551億円)で、MicrosoftとしてはLinkedInの262億ドルでの買収に次ぐ大規模買収だ。取引は年内に完了の見込み。

 nuance 1

 NuanceはMicrosoftの独立子会社として存続し、マーク・ベンジャミンCEOはクラウド&AI担当エグゼクティブバイスプレジデントであるスコット・ガスリー氏直属になる。

 Nuance Communicationsは1992年創業のマサチューセッツ州バーリントンに拠点を置く上場企業。米Appleの音声アシスタント「Siri」の基になる技術を提供したことで知られる。モバイル端末や車載システム向けの音声認識技術「Dragon」シリーズ、OCR技術、モバイル向け入力システム「Swype」などを手掛けた。2018年から医療機関向け音声入力サービス「Dragon Medical One」に注力しており、Fortune 100の85%、1万以上の医療機関にサービスを提供している。

 Microsoftとは2019年に「Microsoft Cloud for Healthcare」の強化で提携した。Microsoftは今回の買収をこの提携の成功に基づくとしている。

 nuance 2 Nuance ComunicationsのWebサイト

 Microsoftのサティア・ナデラCEOは発表文で、この買収により「Microsoft Cloud for HealthcareとNuanceの成長を加速し、高度なAIソリューションを世界中の専門家の手に渡して、より良い意思決定を推進し、より有意義なつながりを構築することを支援していく」と語った。

 Nuanceは医療分野だけでなく、金融サービス、電気通信、旅行、小売、政府などにもサービスを提供している。Microsoftは、Azure、Teams、Dynamics 365などの同社クラウドサービスにNuanceの技術を統合することで、「次世代の顧客エンゲージメントとセキュリティソリューションを提供する」とも説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.