ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年04月20日 14時46分 公開

「わたしムーヴ」終了→オムロンの体重計、一部利用不能へ 買い換え案内にユーザー失望

「体重計が“サービス終了”するなんて」――オムロンのある告知に、ユーザーが困惑している。

[岡田有花,ITmedia]

 「体重計が“サービス終了”するなんて」――オムロンのある告知に、ユーザーが困惑している。

 NTTドコモが提供している、スマートフォン向け健康管理アプリ「わたしムーヴ」(WM)が来年3月末で終了するのに伴い、このサービスに対応していた、オムロンのWi-Fi機能付き体重計のうち1機種が単体でも利用不能になるという。さらに、その他のIoT体重計や血圧計、活動量計などの一部も、通信関連機能が利用できなくなる。

 オムロンは、代替機を割引価格で提供するとしてるが、割引後でも3300円〜9900円と、それなりの価格だ。ユーザーからは、「無責任だ」「代替製品ではなく代替アプリは用意できなかったのか」などと批判が出ている。

画像 単体でも利用できなくなる「HBF-253W」(2014年発売)
画像 買い換え案内
画像 利用できなくなる機種も

 「わたしムーヴ」は、NTTドコモとオムロンヘルスケアが共同出資して2012年に設立した「ドコモヘルスケア」が提供していたサービス。ドコモヘルスケアは2020年4月にドコモに吸収合併されており、ドコモは3月、わたしムーヴの終了を発表した。

 オムロンは、わたしムーヴに対応したWi-Fi機能付き体重計体組成計や血圧計、活動量/歩数計、睡眠計などを販売してきたが、わたしムーヴの終了により、対応製品の通信機能が使えなくなる他、体重体組成計「HBF-253W」は、単体でも利用できなくなるという。

 オムロンはユーザーに対して、独自の「OMRON connectアプリ」(Bluetooth通信)に対応した代替機種を割引価格で「特別販売」すると案内。単体でも利用できなくなる「HBF-253W」(2014年発売)については、市価1万4000円前後の「HBF-255T-BK/R/W」(2017年発売)を、3300円(税込・送料込)で提供するという。

 また、睡眠計「HSL-101」(2012年5月発売)、ねむり時間計「HSL-001」「HSL-002C」(2012年4月発売)は「代替機種がない」ため、代替機の販売も行えないという。

画像 睡眠計「HSL-101」のマニュアルより。利用にはウェルネスリンク(わたしムーヴ)が必須だ

 NTTドコモは3月8日、わたしムーヴを終了2022年3月末に終了すると発表。今後は「dヘルスケア」アプリを中心にヘルスケアサービスを提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.