ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月20日 18時30分 公開

パナソニック、USB Type-C搭載の埋込型USBコンセント発売へ 8580円から

パナソニックが、スマートフォンやタブレットなどを充電できるUSB Type-Cポート搭載の埋込型USBコンセントを発売する。価格は8580円〜1万230円。従来品と比較して充電時間が平均で43%短縮できる。

[齊藤拓,ITmedia]

 パナソニックは4月20日、スマートフォンやタブレットなどを充電できるUSB Type-Cポート搭載の埋込型USBコンセントを、5月21日に発売すると発表した。価格は8580円〜1万230円(税込・工事費別)。USB Type-Aポート搭載の従来品と比較して充電時間が平均で43%、最大で72%短縮できる。

photo

 定格15WのUSB Type-Aポートと、USB Type-Cの給電規格である「USB PD」に対応した定格18WのUSB Type-Cポートを1つずつ搭載。従来品では、スマートフォンやタブレットの充電に平均で3.5時間かかっていたが、新機種では2時間で完全に充電できるという。

photo

 それぞれのポートは3万回の抜き差しに対応し、不特定多数が1日に何度も使用する空港やカフェなどへの設置を見込む。通常のコンセントを搭載した製品も用意する。販売目標は2021年度中に4億台という。

 パナソニックは、2014年の6月にType-Aポートを搭載したUSBコンセントを発売。これまでにホテルや書斎などさまざまな場所で採用されているという。しかし、スマートフォンやタブレットの内蔵バッテリーの大容量化に伴い、従来品では充電に時間がかかるようになっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.