ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月21日 02時37分 公開

M1搭載の薄い「iMac」登場 Touch ID付きMagic Keyboardも

米Appleは、M1チップを搭載したデスクトップPC「iMac」を発表した。30日から注文を受け付け、5月後半に発売する。GPU7コアのモデルが15万4800円で、GPU8コアのモデルは17万7800円から(全て税込)。

[井上輝一,ITmedia]

 米Appleは4月20日(現地時間)、M1チップ(Apple Silicon)を搭載したデスクトップPC「iMac」を発表した。30日から注文を受け付け、5月後半に発売する。GPU7コアのモデルが15万4800円で、GPU8コアのモデルは17万7800円から(全て税込)。

M1搭載の24インチiMac(イベント動画より)

 2020年11月に同社が発表した「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」と同じM1チップを搭載することで、従来のIntel版iMacに比べて薄型化(奥行き11.5mm)や高速化を実現したとしている。

従来のIntel版iMacにはCPU、GPU、メモリ、ニューラルチップなどが個別に搭載されており、大型も冷却ファンも必要だったため筐体内に広いスペースが必要だった
M1はこれだけのスペースで済む

 従来の21.5インチiMacに比べてCPUは最大85%高速、グラフィックスは最大2倍、機械学習は最大3倍高速という。

 ディスプレイは24インチで解像度は4.5K、オーディオはDolby Atmos技術に対応しているという。メモリはいずれも8GBと16GBから選択可。ストレージ(SSD)はGPU7コアモデルは256GBのみで、GPU8コアモデルは256GBと512GBから選べる。

【訂正履歴:2021年4月21日午後1時 当初、メモリは8GB固定と記述していましたが、正しくは16GBも選択可能でした】

 GPUが7コアのM1チップを搭載するモデルはThunderbolt/USB4ポートを2基、GPUが8コアのモデルはThunderbolt/USB4ポート×2に加えてUSB Type-Cポートを2基搭載する。

 電源供給には専用の「パワーアダプター」を利用。パワーアダプター側にイーサネットポートを1つ備える。

 カラーは7色で、周辺機器として「Magic Keyboard」「Magic Mouse」「Magic Trackpad」も用意。中でもMagic Keyboardでは指紋認証センサー「Touch ID」搭載を初めて用意した。Touch ID搭載モデルはGPU8コアモデルに付属する。

USB-Cポート4基のうち2基はThunderbolt/USB4ポート(GPU8コアモデルのみ)
電源供給は専用のパワーアダプターで
パワーアダプター側にイーサネットポートがある
カラーは7色
Touch ID搭載Magic Keyboardが登場
M1チップの冷却にファンを搭載
iMacの中身
iMacのスペック一覧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.