ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月27日 19時06分 公開

医療従事者27万人の個人情報が閲覧できる状態に 東京都、ワクチン予約サイトを停止

東京都福祉保健局は医療従事者向けに公開した新型コロナワクチンの接種予約サイトで不具合が発生したため、Webでの予約受け付けを停止したと発表した。特殊なツールを使えば個人情報を外部から閲覧できる状態だったという。

[樋口隆充,ITmedia]

 東京都福祉保健局は4月27日、医療従事者向けに公開した新型コロナワクチンの接種予約サイトで不具合が発生したため、Webでの予約受け付けを停止したと発表した。特殊なツールを使えば個人情報を外部から閲覧できる状態だったという。福祉保健局は電話での予約を呼び掛けており、個人情報へのアクセスの有無について「調査中」としている。

photo 東京都庁(出典:公式サイト)

 閲覧可能だったのは接種予定の医療従事者27万人の氏名や生年月日、職種、接種券番号。福祉保健局によると、27日の午前1時30分ごろ、「特殊解析ツールを用いると接種予約者の個人情報が閲覧できるため、早急な対応をするべき」との情報提供が都民から寄せられたという。このため、同局はシステムの予約機能を一時的に停止した。

photo プレスリリース

 福祉保健局は、サイボウズが提供する業務アプリ作成サービス「kintone」で開発した予約システムを採用している。

 都の医療従事者向け新型コロナワクチンの予約は26日に受け付けを開始。しかし直後からアクセスの集中でつながりにくい状況になり、医療従事者と思われるTwitterユーザーから不満の声も上がっていた。

 これを受け、宮坂学副知事は自身の公式Twitterアカウントで謝罪した上で「開発会社とも相談し、秒間1000件のキャパを1万件にまで増強した他、その他の至急の負荷対策を実施している」と報告した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.