ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年04月28日 17時16分 公開

「GYAO!」「LINE MUSIC」など集約 新会社「Z Entertainment」が2021年度上半期から事業開始

「GYAO!」「LINE MUSIC」などを統括する新会社「Z Entertainment」が2021年度上半期から事業をスタートする。

[ITmedia]

 Zホールディングス(ZHD)は4月28日、傘下のヤフーとLINEグループがそれぞれ運営するエンターテインメントサービスを統括する100%子会社「Z Entertainment」が、2021年度上半期から本格的に事業を始めると発表した。グループのエンタメコンテンツを集約し、課金・広告事業の基盤強化を図る。

画像

 動画配信サービス「GYAO!」や定額制音楽サービス「LINE MUSIC」、ライブ配信アプリ「LINE LIVE」などを手掛ける新会社。社長には、ZHDとLINEの取締役を兼任する舛田淳氏が就く。

 ZHDは「日本のエンターテインメント業界の活性化とアップデートをするとともに、国内No.1のエンターテインメントプラットフォームを目指す」としている。

 ヤフーとLINEは3月1日付で経営統合しており、経営資源の集約を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.