ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月10日 12時12分 公開

欧州の家電見本市「IFA 2021」リアル開催へ 「業界に新たな勢いと弾みもたらす」

欧州の家電見本市「IFA」を主催するメッセ・ベルリンは、9月の「IFA 2021」を「フルスケールでリアル開催する」として出展企業の募集を始めた。

[ITmedia]

 欧州の家電見本市「IFA」を主催するメッセ・ベルリンは、9月の「IFA 2021」を「フルスケールでリアル開催する」として出展企業の募集を始めた。「IFAの大きなカムバックが業界に新たな勢いと弾みをもたらす」としている。

IFAの公式サイト

 9月3日から7日まで「Berlin ExpoCenter City」(ドイツ・ベルリン)で開催する。2年ぶりの大規模開催に向けて出展企業を募集中で「すでに従来スペースの8割超が出展登録済みのセグメントもある」という。初めての試みとしてデジタルフォトの専門イベント「Berlin Photo Week」を併催する。

 IFAは米国の「CES」と並び称される欧州のエレクトロニクス関連展示会。コロナ禍前の2019年には世界各国から1939社が出展し、一般客を含む24万5000人が来場した。

 コロナ禍の影響を受けた2020年は規模を大幅に縮小。一般来場者は受け入れず、業界関係者のみ完全登録制で入れるB to Bイベントとして9月初旬に開催した。

「IFA」の会場になったメッセ・ベルリン(2019年に撮影)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.