ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年05月12日 17時55分 公開

電子チケット販売のPeatix、全ユーザーがライブ配信可能に 6月から

Webサービス「Peatix」を運営する日系ベンチャーの米Peatixが、ライブ動画配信サービス「Peatix Live」での配信機能を全ユーザーに6月から開放すると発表した。これまではクローズドβ版として、一部のユーザーにのみ提供していた。

[吉川大貴,ITmedia]

 電子チケットの販売やイベント管理などができるWebサービス「Peatix」を運営する日系ベンチャーの米Peatixは5月12日(日本時間)、ライブ動画配信サービス「Peatix Live」での配信機能を全ユーザーに6月から開放すると発表した。

photo Peatix LiveのUI

 Peatix Liveは、コロナ禍でオンラインイベントのニーズが拡大したことを受け、2020年7月にクローズドβ版として発表。一部のユーザーに配信機能を開放していた。Peatixとの連携が可能で、開催者は告知やチケットの販売、参加者の管理や実際の配信まで全てをPeatix社が提供するサービス内で行えるという。

 ライブ配信を行うときは「Open Broadcaster Software」など外部の配信用ソフトを併用する必要がある。Peatix社の原田卓CEOは「現在、Peatixのユーザー数は日本と海外を合わせて約620万人。Peatix Liveなら(これだけの人に)配信を訴求できる」としている。

 Peatixは11年にサービスを開始。20年1月以降、Peatixを活用して開催されたオンラインイベントの数は14万、参加者数は305万人を超えるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.