ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月12日 18時04分 公開

京急油壺マリンパーク、9月末閉館 建物や設備の老朽化で

「京急油壺マリンパーク」が9月30日に閉館する。建物と設備の老朽化が著しく「これ以上の維持管理は困難」と京浜急行電鉄。

[ITmedia]

 京浜急行電鉄は5月12日、神奈川県三浦市にある水族館「京急油壺マリンパーク」を9月30日に閉館すると発表した。建物と設備の老朽化が著しく「これ以上の維持管理は困難」と判断した。

 飼育している動物類は他の施設へ委譲する。閉館後も飼育や施設の管理に必要な体制は維持し、受け入れに関する協議を進める。「すべての動物類の委譲を完了するまで責任をもって対応する」としている。

 油壺マリンパークは1968年に京急電鉄が創立70周年記念事業として開業した水族館。当時「東洋一」といわれた「大回遊水槽」をはじめ、 魚の生態を様々な角度から示す展示で人気を集めた。

 現在は30の水槽がある「魚の国」の他、多数のキタイワトビペンギンが暮らす「ペンギン島」、アシカやイルカがパフォーマンスを繰り広げる「屋内劇場ファンタジアム」などがある。

現在の施設

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.