ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月14日 10時50分 公開

ワクチン接種後はマスク不要に 米CDCが新たな指針 バイデン大統領も歓迎

米疾病対策センター(CDC)は5月13日(現地時間)、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了すればマスクやソーシャルディスタンスの確保なしで活動できるとする新たな指針を発表した。

[ITmedia]

 米疾病対策センター(CDC)は5月13日(現地時間)、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了すればマスクやソーシャルディスタンスの確保なしで活動できるとする新たな指針を発表した。

CDCのWebサイトより

 地域や施設の規則でマスクを要求される場合を除き、「マスクを着用したり、物理的に離れたりすることなく活動を再開できる」としている。米国ではワクチン接種後も公共交通機関や病院などでは引き続きマスク着用が求められている。

 CDCは同時に具体的なワクチンの種類と接種回数などを挙げ、「完全に予防接種を受けるまで、すべての予防策を講じてください」としてワクチン接種を促した。

 米国のジョー・バイデン大統領はこれを歓迎。同日Twitterで「ルールは簡単になりました。予防接種を受けるか、予防接種を受けるまでマスクを着用してください。選択はあなた次第です」とした。

 CDCは2月に発表した指針の中で医療用マスクの上に布マスクを重ねて着用する“2重マスク”でエアロゾルへの暴露(ばくろ)が約95%減ったとする研究結果を発表するなど、マスクの予防効果を訴えていた。

ホワイトハウスのWebサイト。米国人の成人は52%がワクチンを接種したという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.