ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年02月09日 15時18分 公開

ウレタンマスクの防御効果は「クッションになる程度」 肌トラブルには“二重マスク”も

「ウレタンマスクは空気の通りが良くて使用感がいい。逆に言えば素通し」。帝京大学大学院で花粉や真菌を研究している槇村浩一教授はこう指摘した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 「ウレタンマスクは空気の通りが良くて使用感がいい。逆に言えば素通し」。帝京大学大学院で花粉や真菌を研究している槇村浩一教授はダイソン主催の花粉対策セミナーでこう指摘した。

ウレタンマスクを付けた男性のイメージ(いらすとや)

 コロナ堝で人前に出るときはマスクが欠かせない中、最近ネットやテレビで話題になっているのがウレタン製のマスク。スーパーコンピューター「富岳」を使ったシミュレーションなどで不織布マスクに比べウイルスに対する防御効果はかなり低いことが分かってきた。

 槇村教授も「つばが飛ぶことは防げると思いますが、自分の身を守るという意味では(顔をどこかにぶつけたときに)“クッションになる程度”。防疫、花粉症対策のどちらでも単独で使うことはお勧めできません」と話す。

 不織布マスクが肌トラブルの原因になるといった事情がある場合には“二重マスク”が有効だという。「ウレタンマスクの外側に不織布マスクを重ねると肌への当たりは良くなります」(槇村教授)。

正しい感染症対策(厚生労働省の啓発資料より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.