ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年05月19日 14時25分 公開

庵野秀明・尾田栄一郎・西村博之など……「デジタルの日」ロゴ作成者の推薦、上位を中間発表

デジタル庁は、「デジタルの日」のロゴデザインを手掛ける人の推薦を募っている。現時点の推薦上位は、庵野秀明さんや、尾田栄一郎さん、ひろゆきさんなど。

[岡田有花,ITmedia]

 デジタル庁は、10月に予定している新たな記念日「2021年デジタルの日」のロゴをデザインする人の推薦を募っている。5月18日、中間発表として、得票数上位20人を公表。漫画家の尾田栄一郎さんや学者の落合陽一さん、「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)さんなどが入った。

画像 推薦された上位20人(五十音順)

 尾田さん、落合さん、ひろゆきさんのほか、アニメ監督の庵野秀明さん、漫画家の士郎正宗さんや鳥山明さん、デザイナーの佐藤可士和さんや原研哉さん、タレントの西野亮廣さんなどが推薦数上位20人に挙げられている(順位は非公表)。

 推薦者の公募は5月12日にスタート。有名人やアーティスト、漫画家など、実在の人物なら誰でも推薦できる。募集期間は5月25日まで。推薦結果を踏まえ、デジタルの日検討委員会での審査や本人の同意を経てロゴ作成者を決め、6月に発表する。

 デジタルの日は、2進数の数字「1」「0」で構成される日として10月10日と11日に予定しており、イベントなどを行う予定。「産学官、そして個人がそれぞれ参画し、日本社会全体でデジタルに触れ、デジタルを感じる、国民全員のための祝祭を目指す」としている。祝日ではない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.