ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月21日 11時06分 公開

スマホとつながるスクーター、ヤマハ発動機が発売 メーターに着信通知、アプリで燃費確認も

ヤマハ発動機は、原付二種スクーター「NMAX ABS」の2021年モデルを6月28日に発売する。国内モデルとして初めてスマートフォンアプリとの連携機能を備えた。

[ITmedia]

 ヤマハ発動機は5月20日、原付二種スクーター「NMAX ABS」の2021年モデルを発表した。国内モデルとして初めてスマートフォンアプリとの連携機能を備えた。価格は36万8500円(税込)。6月28日に発売する。

「NMAX ABS」
車載メーターに着信を通知

 車両とスマートフォンアプリ「YAMAHA Motorcycle Connect」(iOS、Android)をBluetoothで接続すると、着信やメール受信、スマホのバッテリー残量などをスクーターのメーターに表示できる。メーターの時計表示をスマホの時刻を元に自動補正する機能もある。

 バイクから降りた後はスマホ画面で運転に関するデータを確認できる。アクセル開度やエンジン回転数、加速度、エコ運転状況といった項目に加え、走行距離やエンジン回転数を元にオイルの交換時期を通知したり、電圧をチェックしてバッテリーのメンテナンス時期を知らせたりもするという。

 NMAX ABSは、通勤や街乗りなど市街地の移動を想定したシティコミューターで、エンジンは124cc。国内モデルとして初めて始動用モーターとジェネレータの機能を一体化し、従来のようなエンジン始動時の「キュルキュル」音が出ないのも特長になっている。

走行履歴と燃料消費で燃費が分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.