ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年05月25日 13時50分 公開

映像内の顔・ナンバープレートにリアルタイムでモザイク AIで認識、プライバシー保護に

SMITH&MOTORSは5月23日、映像に映った人間の顔や車のナンバープレートなどに、AIを活用してリアルタイムでモザイクをかけるサービスを4月29日から提供していると発表した。これまでより効率的にプライバシー侵害につながる情報を取り除ける他、ライブ配信にも活用できるという。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 AIベンチャーのSMITH&MOTORS(東京都文京区)は5月23日、映像に映った人間の顔や車のナンバープレートなどに、AIを活用してリアルタイムでモザイクをかけるサービスを4月29日から提供していると発表した。自動車メーカーやメディアがドライブレコーダー・監視カメラの映像を公開するとき、これまでより効率的にプライバシー侵害につながる情報を取り除ける他、ライブ配信にも活用できるという。

 AIで人間の顔やナンバープレートを自動認識してモザイクをかける仕組み。リアルタイムでの処理が可能なフレームレートは、顔の場合は約30fpsまで、ナンバープレートは約20fpsまで。ドライブレコーダーで撮影した日中の映像の場合、映像に映った人間の顔やナンバープレートの91〜96%にモザイクがかけられるという。

映像内の人と車を認識している様子

 同社はこれまで、人間の顔やナンバープレートにリアルタイムではない形でモザイクをかけるサービスを提供していた。リアルタイムでの処理も可能だったが、当時の技術では映像のフレームレートを下げる必要があり、実用は難しいとして提供には至っていなかったという。

 しかし、導入企業から「リアルタイムでのモザイク処理を実装してほしい」という要望が寄せられたことから開発を決定。AIのアルゴリズムをアップデートすることで、20〜30fps程度の映像であればモザイク処理ができるようにしたという。

モザイクAIのデモ動画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.