ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年05月26日 18時07分 公開

スーパームーンの皆既月食、見るチャンスは“東高西低” 皆既食は夜8時過ぎ

26日の夜は「スーパームーンの皆既月食」。しかし天気は西からくずれ、九州や四国での観測は難しいようだ。

[ITmedia]

 月が地球の影にすっぽり入る皆既月食が5月26日の夜に日本全国で見られる。それも今年最大の満月とあって「スーパームーンの皆既月食」として注目を集めている。しかし天気は西からくずれ、九州や四国での観測は難しいようだ。

赤銅色の月のイメージ(出典はビクセン)

 ウェザーニュースによると、北海道や東北など北日本は高気圧に覆われて晴れるところが多く月は「バッチリ見える」。東日本から近畿にかけては西側や南側ほど雲が多くなるものの「チャンスあり」。九州や四国は低気圧や前線の雲がかかるため、皆既月食を見るのは「難しそう」という。

 月食(部分食)は午後6時44分ごろ始まる。京都より南や北海道ではまだ月が地平線の下にあり、その後欠けた状態で上ってくる「月出帯食」になる。

 月が地球の影にすっぽり入る皆既食は、午後8時9分から28分にかけての約20分間。普段とは違う赤銅色の月の姿を見られる。

 YouTubeでは各地の天文台や放送局、光学機器メーカーなど多くのチャンネルがライブ配信を行う。天候に恵まれなかった地域でも幻想的な月を楽しめそうだ。

ハローキティも午後7時30分から皆既月食ライブ配信を行う

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.