ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年05月28日 11時52分 公開

AIで手を透過 ホワイトボードだけ写すWebカメラ ロジクールから

ロジクールは、ホワイトボードを写してオンラインの会議参加者などに共有するための専用カメラ「ロジクール Scribe」を法人向けに発売した。

[ITmedia]

 ロジクールは、ホワイトボードを写してオンラインの会議参加者などに共有するための専用カメラ「ロジクール Scribe」を法人向けに発売した。

 ホワイトボードに書く人の姿や手を透過したり、マーカーの色を自動的に強調したりする機能を備え、オンラインで見ている人も、書き込まれた内容をクリアに見られるのが特徴。オープン価格で、実売予想価格は16万8000円(税込)。

画像 ロジクール Scribe
画像 利用イメージ

 ライトのように壁に取り付けるカメラ。最大で2(幅)×1.2(高さ)mのホワイトボード面を撮影でき、付箋などホワイトボードに貼ったアナログコンテンツも検知できる。

 ほぼすべてのビデオ会議アプリでUSBカメラとして動作する他、Microsoft Teams RoomsとZoom Roomsなら、同梱のワイヤレス共有ボタンを使えば、ホワイトボードの内容をデジタルデータ化して簡単にコンテンツできるという。

 オフィスでの会議とテレワークとを組み合わせた会議や、対面とオンラインを組み合わせた授業などでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.