ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年05月31日 11時43分 公開

「リモートワークでぎっくり腰」「置き配盗まれた」……人生ゲーム新作は「副業」も初登場

「人生ゲーム」新作は、リモートワークや置き配、副業などトレンドワードを取り入れた。「置き配の荷物が盗まれた。$30000はらう」

[ITmedia]

 タカラトミーは、ボードゲーム「人生ゲーム」の67作目として、“逆境からの大逆転”をテーマにした「大逆転人生ゲーム」を7月8日に発売する。リモートワークや置き配、副業などトレンドワードを取り入れた。希望小売価格は4400円(税込)。

photo
photophoto
photophoto

 人生ゲームは、1968年に初代が発売された盤ゲーム。プレイヤーは、仕事に就いてお金を稼いだり、結婚したり子供ができるなど、人生を追体験しながら億万長者を目指す。

 新製品では、53年の歴史で初めて「副業」カードが登場し、本業のほかに副業からも収入を得る人生を体験できる。

 マスには「リモートワークの時間が増えてギックリ腰に…$35000はらう」「リモート会議で下だけパジャマなのがバレた。$8000はらう」「置き配の荷物が盗まれた。$30000はらう」など、現代を反映したマス目を設置した。

 ルーレットと連動して回るギアは4種類。一発逆転可能な「大逆転ギア」には、借金を右隣の人に全部押し付けることができる「倍返し」などのマスがあり、「天気ギア」「職業ギア」「結婚ギア」との組み合わせによって、誰でも大逆転のチャンスがあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.