ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年06月01日 20時25分 公開

「Raspberry Pi Pico」の独自チップ、単体で商品化 日本では10個1265円

Raspberry Pi財団は6月1日(日本時間)、マイコンボード「Raspberry Pi Pico」に搭載している独自開発のチップを「Raspberryシリコン - RP2040」として単品で販売すると発表した。日本ではスイッチサイエンスが10個セットを1265円で販売予定。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 英国の非営利団体Raspberry Pi財団は6月1日(現地時間)、マイコンボード「Raspberry Pi Pico」に搭載している独自開発のチップを「Raspberryシリコン - RP2040」として単品で販売すると発表した。価格は1ドルで、日本では電子工作用部品の製造販売を手掛けるスイッチサイエンス(東京都新宿区)が10個セットを1265円で販売する予定。

 RP2040は、CPUに英Arm製の「Arm Cortex-M0+」(デュアルコア、133MHz)を採用。メモリは246KB SRAMを搭載する、GPIOピンは30本で、うち4本はアナログ入力に対応する。対応言語はC、C++、MicroPython。

Raspberryシリコン - RP2040の製品画像

 Raspberry Pi Picoは1月に発売。既存のRaspberry Piと異なり、Linux OSを搭載できず、マイクロコントローラーとしてモーターやLEDの動作を制御するといった用途を見込んでいる。Raspberry Pi財団によれば、6月1日時点での出荷数は60万個以上という。

スイッチサイエンスが発売する10個セットの製品画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.