ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年06月02日 10時27分 公開

AMDのAPUとGPU、Teslaが「Model S」と「Model X」で採用COMPUTEX TAIPEI 2021

AMDは、Teslaが「Model S」と「Model X」の新モデルでRyzen APUとRDNA2アーキテクチャに基づくGPUを採用したと発表した。インフォテインメントシステムでAAAゲームを10テラフロップスでプレイできる。

[ITmedia]

 米AMDは6月1日(台湾時間)、開催中のComputex Taipeiの基調講演で、米Teslaが電気自動車「Model S」と「Model X」の新モデルのインフォテイメントシステム(informationとentertainmentを担うシステム)にAMDのRyzen APU(Accelerated Processing Unit)とRDNA2アーキテクチャに基づくGPUを採用したと発表した。

 tesla Teslaによる採用を発表するリサ・スーCEO

 「これにより、これらの車のインフォテイメントシステムでAAAゲームを10テラフロップスの計算能力で楽しめる」とAMDのリサ・スーCEOは語った。

 Teslaのインフォテイメントシステムでは、2018年からゲームをプレイできるようになっており、専用のゲームストアもある。(運転中はプレイできないようになっている。)

 Teslaのイーロン・マスクCEOは5月29日、「Model S Plaid」は6月10日から納車を開始するとツイートした。このモデルにAMDのプロセッサとGPUが搭載されると見られる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.