ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年06月02日 11時40分 公開

任天堂、京都に資料館を開設へ 宇治小倉工場を改装して23年度オープン 過去の商品など展示

任天堂は、過去に発売した商品などを展示する「任天堂資料館(仮称)」を京都府宇治市に開設すると発表した。ゲーム機の修理などを行っていた宇治小倉工場を改装する。

[ITmedia]

 任天堂は6月2日、過去に発売した商品などを展示する「任天堂資料館(仮称)」を京都府宇治市に開設すると発表した。ゲーム機の修理などを行っていた「宇治小倉工場」を改装する。

「任天堂資料館(仮称)」

 近鉄小倉駅周辺の活性化を目指す宇治市の計画に賛同した。宇治小倉工場を資料館施設にリノベーションし、2023年度(2024年3月期)の完成を目指す。過去に発売した商品を展示する施設になるという。

 宇治小倉工場は1969年に「宇治工場」として建設。現在の宇治工場(京都府宇治市槇島町)建設に伴い1988年に改称した。主にトランプや花札の製造の他、サービスセンターとしてゲーム機の修理を行っていたが、2016年11月に業務を宇治工場に移管し、用地と建屋の活用を検討していた。

 任天堂は1889年に花札メーカーとして創業し、かるたやトランプの製造で成長した。1983年の「ファミリーコンピュータ」を発売後は家庭用ゲーム機に軸足を移し、これまでに7億9000万台以上のハードと50億本以上のソフトを全世界に送り出している。

任天堂の花札は現在も作られている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.