ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年05月07日 07時03分 公開

「どうぶつの森」、米博物館の「ビデオゲームの殿堂」入り

任天堂のゲーム「どうぶつの森」(英語では「Animal Crossing」)シリーズが、「世界のビデオゲームの殿堂」入りした。他に、「Microsoft Flight Simulator」「StarCraft」「Where in the World Is Carmen Sandiego?」が選ばれた。

[ITmedia]

 任天堂のゲーム「どうぶつの森」(英語では「Animal Crossing」)シリーズが、おもちゃやビデオゲームを展示する米ストロング国立演劇博物館の「世界のビデオゲームの殿堂」入りを果たした。同博物館が5月6日(現地時間)、2021年に選出した4本のゲームを発表した。

 strong 1 2021年の「世界のビデオゲームの殿堂」入りゲームは4本

 「世界のビデオゲームの殿堂」は、「遊び」をテーマにしたコレクション型博物館である同博物館が2015年に開始した。ある程度の期間人気を博し、ビデオゲーム業界やポップカルチャー、社会に影響を与えたゲームを、プラットフォームを問わず選ぶというものだ。任天堂のゲームとしてはこれまで、「スーパーマリオブラザーズ」や「ポケットモンスター 赤・緑」も選出されている。

 同博物館は「どうぶつの森」シリーズを「プレイヤーが好きなようにアクティビティを完了してオブジェクトを収集する自由を与え、毎日新しい驚きや発見の可能性を秘めている」と評価し、最新作「あつまれ どうぶつの森」(英語では「Animal Crossing:New Horizons」)は「こうした特徴により、コロナ禍で誰もが社会的なつながりを求める中、大ヒットしたと説明できる」としている。

 strong 2 米国版「どうぶつの森」公式サイト

 「あつまれ どうぶつの森」と共に選ばれたのは、米Microsoftの「Microsoft Flight Simulator」、米Blizzard Entertainmentの「StarCraft」、米Broderbundが1985年にリリースした教育ゲームシリーズ「Where in the World Is Carmen Sandiego?」だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.