ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年06月08日 20時55分 公開

三菱UFJ銀のATMで障害 復旧済みも、カード取り込み事例が91件発生 ネットワークに不具合か

三菱UFJ銀行は首都圏の店舗を中心に同行のATM181台で一時取引できない障害が発生したと発表。障害発生時に取引をしていた、一部の利用者のキャッシュカードや通帳が取り込まれ、出てこなくなったという。

[ITmedia]

 三菱UFJ銀行は6月8日、首都圏の店舗を中心に同行のATM181台で一時取引できない障害が発生したと発表した。障害発生時に取引をしていた、一部の利用者のキャッシュカードや通帳が取り込まれ、出てこなくなったという。障害は既に復旧しており、同行は利用者に順次返却を進めている。

photo 都内にある三菱UFJ銀行の店舗

 障害は8日の午前9時55分から10時5分までの10分間発生。障害が発生した店舗は東京都内に集中し、現時点で、カードなどの取り込みが起きた件数は91件に及ぶという。カードが取り込まれてしまった利用者には「店舗の担当者が返却対応をした」としている。

 三菱UFJ銀は障害の原因について「調査中のため詳細は不明」とした上で「ネットワークのソフトで不具合が発生した可能性がある」との見解を示している。機器の故障については否定した。

photo プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.