ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年06月11日 14時42分 公開

プログラマーによるプログラミングのための無料BGM集 2021年版(1/2 ページ)

プログラマー視点で、YouTubeの配信を中心に仕事や勉強のBGMとして使えそうなサービスを紹介する。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「プログラマによるプログラミングのためのBGMなど、仕事や勉強の邪魔にならない無料で使えそうなBGM集。2021年版」(2021年6月11日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 在宅で仕事や勉強をしている時間が増えてくると、ずっと無音だと寂しい気がして、できればあまり気にならないBGMや環境音があるといいなあ、と思ったことはありませんか?

 最近流行しているYouTubeでの24時間365日ライブ配信のLoFiチャンネルにはそうしたニーズに応えてか、プログラマーがプログラミングのためのBGMを配信しているものもあります。

 YouTubeの再生には動画広告が付き物ですが、ライブ配信では最初に広告が再生されると、あとは広告なしでずっと配信が続くため(少なくとも記事執筆時点では)、BGMとして使うのにぴったりです。

 この記事ではそうしたYouTubeの配信を中心に、仕事や勉強のBGMとして使えそうなサービスを紹介していきましょう。

いわゆるLoFiチャンネルとは?

 ここで紹介するYouTubeの配信の多くは、いわゆる「LoFi HipHop」(以下LoFi)と呼ばれるものです。

 LoFiとはどういう音楽ジャンルなのか、という本格的な説明は音楽専門の媒体にゆずりたいと思いますが、全体に落ち着いた(チルな)ビートとメロディらしきものを備えており、レトロ感を醸し出すようなディストーションやレコードのスクラッチノイズのような背景ノイズが合成されているものも多く、YouTubeの画像には歴史的経緯から日本のアニメ調のイラスト類が多い、といった特徴を備えています。

 LoFiの火付け役であり定番の配信チャンネルが、勉強している少女の横顔(ジブリ映画が元ネタになったそうです)がトレードマークの「Lofi Girl」チャンネルの「lofi hip hop radio - beats to relax/study to」です。

 おなじこのLogi Girlチャンネルの「lofi hip hop radio - beats to sleep/chill to」は、もう少しゆったりしたBGMが好みの方におすすめです。

 Lofi Girlに次ぐ人気とされているのが、アライグマがマスコットになっている「Chillhop Radio」チャンネルでしょう。

 「Chillhop Radio - jazzy & lofi hip hop beats」は少しジャズっぽい感じのBGMが多め。

 このチャンネルにも、少しゆったりした「lofi hip hop radio - beats to study/relax to」があります。

 Lofi HipHopのチャンネルの中で筆者がいちばんBGMとしてよく流しているのがCollege Musicチャンネルの「24/7 lofi hip hop radio - beats to study/chill/relax」です。

 全体に刺激の少ない静かな感じの曲が流れています。これも絵がなんとなくジブリっぽいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.