ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年06月21日 19時19分 公開

「ピカチュウジェット」沖縄の空へ ポケモン社全面協力 版権使用料なしで観光支援

ポケモン社は、沖縄県の観光産業を支援する「そらとぶピカチュウプロジェクト」を発表しました。まずスカイマークがピカチュウを機体に描いた「ピカチュウジェット BC」を就航。観光施設とのコラボも始まります。

[本田亜友子,ITmedia]

 ポケモン社は6月21日、沖縄県の観光産業を支援する「そらとぶピカチュウプロジェクト」を発表しました。現地の観光施設や交通機関と連携し、様々な施策を実施する計画で、まず航空会社のスカイマークがピカチュウを機体に描いた「ピカチュウジェット BC」を21日に就航しました。

「ピカチュウジェット BC」

 ピカチュウジェット BC(BCはスカイマークの航空会社コード)は、ピカチュウと同じ黄色の機体をベースにカラフルな風船を付けた「そらとぶピカチュウ」を左右5匹ずつ描きました。沖縄(那覇・宮古)発着路線を中心に運航する予定で羽田空港や中部国際空港なども訪れます。

 スカイマークの洞駿社長によると、ポケモン社は「コロナ禍で大きな影響を受けた航空業界や観光業界の力になりたい」とし、ピカチュウジェット製作にあたっては版権使用料を5年間無償とした他、機体の塗装費用も負担してくれたそうです。

 機内で配布するアメニティもピカチュウ仕様です。オリジナルデザインのマスクや「キットカット」などが用意され、子どもにはオリジナルキーホルダーやアクリルスタンドなどをプレゼント。記念グッズの販売もあります。

 飛行機だけではありません。那覇空港と浦添市を結ぶ「沖縄都市モノレール」(ゆいレール)でも「そらとぶピカチュウプロジェクト」のラッピング車両が21日に運行を始めました。さらに路線バスの「東陽バス」「琉球バス交通」「沖縄バス」「那覇バス」もラッピングバスを運行します。

 7月以降は「沖縄美ら海水族館」や「おきなわワールド」「海洋博公園」といった観光施設とも取り組みを始めます(内容は今後発表)。また沖縄の「かりゆしウェア」を身にまとった「かりゆしピカチュウ」のグッズ販売、沖縄では初となる「ポケふた」(ポケモンを描いたマンホールふた)設置、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」との連携企画なども実施する予定。沖縄県はしばらく黄色に染まりそうです。

「かりゆしピカチュウ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.