ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年06月22日 06時34分 公開

ドイツ当局、Appleの独禁法調査を開始 GAFA揃う

ドイツ連邦カルテル庁(FCO)は、Appleが独禁法に違反していないか調査を開始したと発表した。ドイツは1月に独禁法を改正し、それに基づいて既にFacebook、Amazon、Googleを調査中だ。

[ITmedia]

 ドイツ連邦カルテル庁(FCO)は6月21日(現地時間)、米Appleがドイツの競争法に違反しているかどうかの調査を開始したと発表した。同国は1月に独禁法を改正し、それに基づいて既に米Facebook米Amazon米Googleを調査中だ。

 fco

 FCOは、AppleがiOSを利用して「複数の市場にまたがるiPhoneデジタルエコシステム」を形成したかどうかを調べるとしている。調査はApp Storeを中心に行う。同庁は、App Storeの30%の手数料やiOS 14.5のATTについて、開発者やメディア業界から多数の苦情を受けたと語った。

 FCOは、必要に応じて現在Appleを調査中の欧州委員会と協力していくという。

 Appleはこの発表を受け、米TechCrunchなどに対し、「iOSアプリの経済圏によってドイツで25万人以上の雇用を創出」しており、「FCOの懸念について、彼らとオープンに話し合うことを楽しみにしている」という声明文を送った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.