ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年07月05日 10時16分 公開

Google、マルウェアと判明した9本のアプリを公式ストアから削除

Googleは、公式Androidストア「Google Playストア」からマルウェアと判定された9本のアプリを削除した。写真編集アプリや星占いアプリを装うこれらのアプリをインストールしてFacebookアカウントでログインすると、ログイン情報を盗まれる仕組み。日本でも公開されていたアプリもある。

[ITmedia]

 ロシアのセキュリティ企業Doctor Webは7月1日(現地時間)、米Googleの公式Androidアプリストア「Google Playストア」で公開されている9本のアプリがマルウェアだと指摘し、Googleは3日までにこれらのアプリをストアから削除した。

 Doctor Webは、これらのアプリがFacebookユーザーのパスワードを盗むトロイの木馬になっており、合わせて585万回以上インストールされたとしている。

 指摘されたアプリは以下の9本。日本で公開されていたものもある。

  • PIP Photo
  • Processing Photo
  • Rubbish Cleaner
  • Inwell Fitness
  • Horoscope Daily
  • App Lock Keep
  • Lockit Master
  • Horoscope Pi
  • App Lock Manager
 apps 日本でも公開されていたアプリ(キャッシュより)

 Doctor Webによると、これらのアプリはFacebookアカウントでログインするとアプリ内広告を無効にするオプションがあり、これを選択してログインすると、その情報が攻撃者のサーバに転送されるようになっていたという。

 Googleは米Ars Technicaに対し、これらのアプリの開発者をすべてアプリストアから排除したと語った。

 Ars Technicaは、9本のアプリのいずれかをダウンロードしたユーザーに対し、Android向けのセキュリティアプリで確認することを勧めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.