ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年07月06日 20時45分 公開

NFC搭載の“段ボールコントローラー”でスマホを操作、給電はワイヤレス 凸版印刷が新技術

凸版印刷は、段ボール製のコントローラーにNFCタグなどを組み込むことで、スマホを無線操作できるようにする技術を開発したと発表。ゲームが遊べる梱包用パッケージを作るのに役立つという。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 凸版印刷は7月6日、段ボールなどで作ったコントローラーにNFC(近距離無線通信)タグと専用モジュールを組み込むことで、スマートフォンを無線操作できるようにする技術を開発したと発表した。電力はスマホからワイヤレスで給電するため、バッテリーは不要という。ゲームを遊べたり、音を鳴らせたりする梱包用パッケージを作るのに役立つとしている。

ギフトボックス型の試作品

 段ボールや紙に加え、成形したプラスチックで作ったコントローラーに搭載可能。NFCを活用しているため、専用アプリをインストールしたスマホを近づければ、ペアリングなど行わずに接続できるという。

コントローラーの例

 専用モジュールはカスタマイズ可能で、LEDライトを組み合わせてコントローラーが光るようにしたり、スイッチを増設してボタンを増やすことも可能という。NFCタグの認証機能を活用し、特定のスマホだけに接続する機能も備える。

ゲームを遊んでいる様子

 すでに法人向けに提供する準備を進めている段階で、料金はコントローラーの素材や、モジュールのカスタマイズ内容に応じて調整する。6日時点では個人向けの提供は予定していないという。

【訂正:2021年7月7日午前10時10分 当初「法人向けに提供を始めている」としましたが、6日時点では「提供する準備を進めている段階」でした。お詫びして訂正いたします】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.