ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年07月07日 11時30分 公開

講談社がクソゲー専門コンペ開催 特別審査員に野田クリスタル

講談社は7日、クソゲー専門コンペを開催すると発表した。グランプリに相当する「至高のクソゲー賞」の賞金は100万円。募集は2022年3月末まで。

[ITmedia]

 講談社は7月7日、クソゲー専門のコンペを開催すると発表した。グランプリに相当する「至高のクソゲー賞」の賞金は100万円。2022年3月末まで募集し、5月末に結果を発表する。

 「週刊少年マガジン」で連載中のまんが「シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、 神ゲーに挑まんとす〜」(略称シャンフロ)の主人公・陽務楽郎(ひづとめ らくろう)がこよなく愛すクソゲーをテーマにしたコンペ。ゲームの種類は不問で、PCゲームやスマホゲームの他、アナログゲームも可だ。シャンフロ公式素材を使った企画も募集する。

野田クリスタルさん

 クソゲーは「クソのようにつまらないゲーム」のことで、漫画家のみうらじゅんさんが1980年代に使ったのが始まり。近年では解釈も広がり、コンペの特別審査員を務めるお笑いコンビ「マジカルラブリー」の野田クリスタルさんは「クソゲーと聞くとよくないもののイメージがありますが、 クソゲーというのはあくまでジャンルでクソゲーにも奥行きがあります」と話す。

 コンペでは理不尽な難易度や理解不能なストーリーといったクソゲー要素を持ちながら面白い作品に加え、クソゲーそのものを題材とした作品も募集する。例えば「クソゲーを神ゲーにする育成シミュレーションゲーム」なども応募できる。

 審査員は野田クリスタルさん、シャンフロの著者・硬梨菜さん/不二涼介さん、マガジン編集部が務める。至高のクソゲー賞に加え、「100年早すぎたで賞」(賞金50万円)と「シャンフロ賞」(賞金50万円)を選出する。

 応募の締め切りは2022年3月31日午後11時59分アップロード分まで。郵送でも受け付ける。

 シャンフロは「小説家になろう」人気作のコミカライズ。クソゲーをこよなく愛する陽務楽郎が、プレイヤー数3000万人を誇る神ゲー「シャングリラ・フロンティア」に挑む。コミックス第1巻は10月16日発売。

シャンフロの主人公・陽務楽郎のアバター「サンラク」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.