ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年07月14日 11時09分 公開

ゲリラ豪雨、今年は7.5万回の予想 北海道は去年の倍か

ウェザーニュースは7月から9月までにゲリラ豪雨が全国でおよそ7万5000回発生すると予想した。特に多いのは北海道の1万400回。昨年の2倍に当たる。

[ITmedia]

 突発的に局地的な激しい雨と落雷をもたらすゲリラ豪雨。ウェザーニュースが7月12日に発表した「ゲリラ豪雨傾向2021」は、7月から9月までに全国でおよそ7万5000回発生すると予想した。昨年の1.2倍に当たる。

赤は1501回以上の発生が予想される地域

 発生のピークは8月中旬から下旬。特に多いのは北海道の1万400回で、昨年の2倍に当たる。秋田県も2500回と昨年比1.9倍。他にも石川県など11の県で昨年の1.5倍以上になると予想している。

 今シーズンは太平洋高気圧の中心が日本の東に位置するため、湿った空気が流れ込みやすい北日本や西・東日本の日本海側を中心に昨年より増えるという。

 人口の多い地域では東京が1200回、大阪400回、愛知1000回。いずれも昨年並みと予想している。

 ウェザーニュースは「ゲリラ豪雨では激しい雨による冠水や浸水、落雷による停電や交通機関のまひなど様々な被害が懸念される。随時最新の雨情報を確認してほしい」と呼びかけている。

発生のピークは去年より早めの8月中旬から下旬
オレンジは昨年の1.5倍以上と予想される地域

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.