ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年07月16日 07時06分 公開

Valve、Nintendo Switchのようなゲーム機「Steam Deck」12月発売へ 399ドルから

ゲーム配信サービス「Steam」を運営するValveが、オリジナルゲーム機「Steam Deck」を発表した。「Switch」のようなハンドヘルド型で、価格は399ドル(約4万4000円)から。一部地域で12月に出荷の予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ゲーム配信サービス「Steam」を運営する米Valveは7月15日(現地時間)、「Nintendo Switch」のようなハンドヘルドゲーム端末「Steam Deck」を発表した。米国など一部地域で12月に出荷の予定。16日に米、英、カナダ、EUで予約の受付を開始する。米国での販売価格は399ドル(約4万4000円)から。

 deck 1 「Steam Deck」

 ストレージ容量を含むスペックが異なる3モデルで展開する。下図左から、399ドル、529ドル、649ドル。

 deck 2 価格は399ドル、529ドル、649ドル

 Steam Deckにログインすると、PCで使っている自分のライブラリが表示され、すぐにプレイできる。

 deck 3

 microSDカードスロットを備えるので、ストレージの拡張が可能だ。プロセッサとGPUは米AMDの「Zen 2」と「RDNA 2」、メモリは16GB。タッチ対応ディスプレイは7インチ(1280×800)だが、HDMI、イーサネット、USB Type-Cポートを備え、Bluetooth対応でもあるので、テレビや外部ディスプレイに接続可能だ。

 deck 4 Steam Deckのポートやコントロール概要図

 別売のドックに設置することもできるが、Switchのようにコントローラー部分が外れるわけではなく、別途キーボードが必要だ。

 deck 5 ドックで外部ディスプレイとキーボードに接続

 Wi-Fiもサポートする。バッテリー持続時間は「ほとんどのゲームで数時間のプレイが可能」としている。小規模な2Dゲームであれば、約7〜8時間という。

 OSは2013年に発表した「SteamOS」の最新版。レジューム機能を備え、スリープモードにして後で中断したところからプレイを再開できる。

 現在日本からは予約ができないが、Valveは「ご予約いただける地域の拡大については間もなくお知らせします」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.