ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年07月20日 14時06分 公開

タクシー運転手へのチップをキャッシュレス化 三和交通、東京都府中市で試験導入

タクシー運転手へのチップの支払いをキャッシュレス化する取り組みを三和交通が東京都府中市内で試験的に実施している。車内に設置したQRコードを読み込み、300円から800円のチップを支払える。

[ITmedia]

 タクシー運転手へのチップの支払いをキャッシュレス化する取り組みを、三和交通(横浜市港北区)が7月1日から東京都府中市内で試験的に実施している。車内に設置したアンケートはがきや運転手の名刺に記載のQRコードを読み込むと、一度に300円から800円の範囲でチップを支払えるという。

photo 車内のはがきに記載のQRコードを読み込む

 QRコードを読み込み、三和交通の公式LINEアカウントにアクセス。チップを支払う運転手を選択し、クレジットカードから支払う仕組み。府中市内を走行する同社のタクシー約60台中、接客態度など利用者からの評価が高い5人が運転する車両に試験導入した。

photo 車内でデジタルチップの実施をPR

 同社によると、チップの支払いをキャッシュレス化する取り組みは業界初という。これまで利用者がチップを支払う方法は、お釣りを受け取らない形や、現金で1000円から5000円程度、別途支払う形式などが主流だった。利用者からは「面白い取り組み」などの声が出ているという。

 同社は7月28日まで取り組みを継続し、ユーザーや運転手からの意見を踏まえ、本格導入を検討する方針。

 サービスにはリスポ(東京都渋谷区)のデジタルチップサービス「Respo」を活用した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.