ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年08月02日 19時16分 公開

次亜塩素酸水の自動販売機が登場 新型コロナ対策に

業務用厨房機器を製造・販売するホシザキは2日、新型コロナウイルス感染症対策としてドアノブやテーブルなど“物の消毒”に利用できる次亜塩素酸水の自動販売機を発表した。

[ITmedia]

 業務用厨房機器を製造・販売するホシザキ(愛知県豊明市)は8月2日、新型コロナウイルス感染症対策としてドアノブやテーブルなど“物の消毒”に利用できる次亜塩素酸水の自動販売機を発表した。スーパーやドラッグストアなどに販売するとしている。

ホシザキが開発した次亜塩素酸水の自動販売機

 水と専用電解液で次亜塩素酸水を作り、ボタン1つで専用ボトルに注ぐ自動販売機。専用ボトルには遮光性があり、抽出から72時間はふき掃除に有効な塩素濃度80ppm以上を保つという(気温30℃の室内で保管した場合)。

 次亜塩素酸水は塩酸や食塩水を電解して作る次亜塩素酸の水溶液。新型コロナウイルス対策でアルコール消毒液が不足した2020年6月、経済産業省とNITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)は界面活性剤(洗剤など)や次亜塩素酸ナトリウムとともに有効と確認できた消毒・除菌方法として紹介した。

 ふき掃除では有効塩素濃度80ppm以上のものを使い、(1)あらかじめ対象物の汚れ(手垢、油脂などの有機物)を除去し、(2)表面をヒタヒタに濡らしてからふき取る。流水で掛け流すときは有効塩素濃度35ppm以上のものを使用する。

新型コロナウイルスに有効な消毒・除菌方法(出典は経済産業省)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.