ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年08月05日 20時11分 公開

東京で停電が起きたとき、すぐに知らせてくれるアプリ「TEPCO速報」を入れておこうCloseBox

東京都練馬区で突然の停電が起きた。とりあえずとった行動は。

[松尾公也,ITmedia]

 書きかけの原稿が目の前で消失し、思わず「うっ」と叫んだ。

 突然の停電で、目の前のiMacもエアコンも全てがブツっと切断。雷などの影響による瞬電は最近でも経験することはあるが、東日本大震災以来の大規模な停電が、筆者の住む練馬区で、4月8日午後2時過ぎに起きた。

 地震や雷雨などの状況を知るのに重宝している「NERV」アプリにはまだ情報がない。それもそのはず。停電情報はカバーしていないのだ。

 インフラの中では最も復活が早いという電気だが、それでも35度という猛暑の中では、エアコン、冷蔵庫が心配になる。いつ回復するのか、とにかく情報がほしい。

 iPhoneのApp Storeを検索したところ、東京電力の公式アプリ「TEPCO速報」があることが分かった。停電の通知もしてくれるという。

photo TEPCO速報

 東京電力の停電状況は、公式サイトでも分かる。しかし、停電している状況でアクセスできるのはスマートフォンからという人が大半だろう。東京電力のエリアであれば入れておけば安心というものだ。これをインストールしてみた。

 今回は間に合わなかったが、プッシュ通知で停電のお知らせもしてくれる。自宅のルーターが止まっていても、モバイルデータ通信でなら届くはずだ。

photo 停電をプッシュ通知してくれる

 自分が住んでいるところだけでなく、家族の居住地域での停電情報も設定できるので、緊急の場合には連絡をつけて確認することもできる。エアコンが効かない状態が長引けば、命の危険も生じる。

photo 広域の停電情報
photo 東京都をタップすると、さらに練馬区と杉並区が対象であることが分かる

 電気を含めた防災対策については、「デジタル防災を始めよう」という連載で何度も取り上げているが、停電対策について、改めて著者の戸津弘貴さんに近々まとめてもらう予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.