ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年08月10日 16時06分 公開

“BeatsのAirPods Pro”こと「Beats Studio Buds」を使ってみた 非Appleチップなのに空間オーディオ対応し、Androidでも探せる(1/3 ページ)

Beats by Dr. Dreのアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds」を試してみた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Beats by Dr. Dreが、防水規格IPX4に対応したアクティブノイズキャンセリング(ANC)搭載完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds」を販売開始したので試してみた。

photo Beats Studio Buds

 Studio Budsは、iOS デバイスの「探す」、Android デバイスの「端末を探す」の両方に対応した初めてのBeats製品。

 イヤーバッドは最大8時間の再生が可能で、2回分の充電が可能なポケットサイズの充電ケースを使用すると、合計で最大24時間再生できる。

photo Beats Studio Buds

 ANCまたは外部音取り込みモードをオンにすると最大5時間、充電ケースを使えば、合わせて最大15時間利用可能。

 バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の急速充電で最大 1時間再生できる。

 Beats Studio BudsはUSB-Cで充電する。

photo Beats Studio Buds

 Apower Electronicsの定格容量400mAh、5W出力/入力「AEC701346」バッテリーを搭載している。

 ワイヤレス充電には非対応だ。

 Beats Studio Budsには、3種類のイヤーチップ(Mサイズはイヤフォンユニット装着済)、USB-Cケーブル(20cm)、ステッカー、説明書などが同梱されている。

photo Beats Studio Budsに同梱されているもの

 USB-C充電時の入力電力は1.8Wとなるようだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.