ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年08月10日 16時06分 公開

“BeatsのAirPods Pro”こと「Beats Studio Buds」を使ってみた 非Appleチップなのに空間オーディオ対応し、Androidでも探せる(3/3 ページ)

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団
前のページへ 1|2|3       

 iOS 14.6以降デバイスおよびAndroid 6.0以降デバイスのいずれにも、ワンタッチでシンプルにペアリング可能だ。

photo Beats Studio Buds

 Beats Studio Budsのイヤーバッドや充電ケースをなくした場合は、「探す」を使って探し出せる。

 周囲の音を聞く必要がある際は「b」ボタンを長押しして、外部音取り込みモードへ簡単に切り替え可能。

photo Beats Studio Buds

 Studio Budsは、iOS デバイスの「探す」、Android デバイスの「端末を探す」の両方に対応した初めてのBeats製品だ。

 イヤーバッドを紛失しても、Bluetoothと接続していれば最後にイヤーバッドを確認した場所をもとにすばやく見つけられる。

 近くにある時はサウンドを再生できる。

 Beats Studio Budsで、Apple Musicを再生してみた。

photo Apple Musicを再生

 Dolby Atmosでミキシングされた曲の再生時には、Beats Studio Budsが自動的に空間オーディオに対応するため、鮮明さを備えた臨場感あふれるサウンドを楽しめる。

 Appleチップを搭載していなくても、Apple側が対応すれば空間オーディオ自動再生は可能だということだ。

 トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「周波数テストトーン 1kHz. Sweep 20Hz - 20kHz」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみた。

photo Audio Frequency Analyzer

 低音域が持ち上がり、さらに中音域から超高音域まで持ち上がり、ベースが効いたミュージック向けの設定となっているようだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.