ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月13日 18時22分 公開

Webマーケのトレンダーズが異例の「ラノベ共創サービス」 「新入社員の熱烈アピール」で新規事業化

トレンダーズが、小説家とイラストレーターのマッチングサービス「たいあっぷ」の提供をスタート。Webマーケティング事業を手掛ける同社にとって異例のサービスだが、「ライトノベル好きの新入社員の熱烈アピール」によって新規事業化を決めたという。

[松浦立樹,ITmedia]

 トレンダーズは8月13日、小説家とイラストレーターのマッチングサービス「たいあっぷ」正式版の提供を始めた。Webマーケティングやメディア事業を手掛ける同社にとって異例のサービスだが、「ライトノベル好きの新入社員の熱烈アピール」によって新規事業化を決めたという。

ライトノベルの共創サービス「たいあっぷ」

 たいあっぷでは、小説家やイラストレーターが自身の作品をポートフォリオとして登録。クリエイターは気に入った作品に「たいあっぷ申請」でき、受理されるとマッチングが成立。ライトノベルなどのコンテンツを共同創作できる。

 投稿された作品はPC、スマートフォンなどから閲覧でき、UIは「無料ながらKindleなどの電子書籍と同等のクオリティーを実現」したという。読者はコンテンツに「買いたい」ボタンを押したり、レビューを投稿したりしてクリエイターを応援できる。

 企業向けWebマーケティング事業を軸とする同社が、なぜクリエイターのマッチングサービスを始めたのか。同社は「ライトノベル好きの新入社員のアイデアがきっかけとなった」「熱烈なアピールを受けて、新規事業を立ち上げた」と説明する。

 「現在、クリエイターの数は急増しているが、作品で収益を得られる人はごく一部。ここに、当社がこれまで培ってきたインフルエンサープロデュースや、SNSマーケティングのノウハウを注ぐことで、ライトノベル作家として活躍できるクリエイターを増やせるのではないかと考えた」(同社)

掲載作品例

 たいあっぷは2021年4月からβ版を提供しており、これまでに小説家1037人、イラストレーター470人が登録。正式オープン時点で200作品超を公開しているという。11月には同サービス発の電子書籍を発売予定で、キャラクターグッズや漫画の制作なども行う予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.