ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年08月19日 12時53分 公開

「ではビートルズ、イン・マイ・ライフをどうぞ」 ポッドキャストなのに商用音楽を使った音楽番組ができるSpotify「Music + Talk」が楽しすぎるCloseBox(2/2 ページ)

[松尾公也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

楽曲とトークファイルを交互に配置するだけ

 まず、ポッドキャストの種類として「Music」を選ぶ。これが、Music + Talk、Spotifyの楽曲をポッドキャスト番組にはさみこむためのワークフローだ。最初にSpotifyアカウントとの連携を促されるので許可しておく。

photo Music + TalkはMusicタブから使う
photo 自分のSpotifyアカウントと連携すると、作成したプレイリストが表示される

 左側の検索ボックスでSpotifyの楽曲を探し、目的の楽曲の+ボタンを押すと、右側のエピソードトラックに追加される。何曲か入れたら、自分のトークを追加する。

photo +ボタンで使用する楽曲を選ぶ

 自分のトークは分割したオーディオトラックをあらかじめ保存しておき、ドラッグ&ドロップして楽曲と交互になるように配置する。自分のトークの最後に「ではビートルズ、イン・マイ・ライフをどうぞ」、最初に「ペニー・レインをお届けしました」などと入れておけば、もうラジオのDJ気分だ。思わずジングルを作ろうと考えるくらい本格的な番組が手軽にできてしまう。

photo 自分のトークトラックと楽曲トラックを交互に配置する

 ただ、これは1本のオーディオトラックというよりは、自分のトークエピソードとSpotifyの楽曲をアプリから交互に再生する機能を使っているため、Spotify以外のプラットフォームでは当然利用できない。また、フル楽曲を再生できるのはPremiumプランのユーザーだけで、無料プランでは30秒のサワリ部分しか聞けない。

 そして、エピソードをすぐに公開できるわけではない。審査が入るのだ。筆者の場合は1時間くらいかかったが、いつもそうなのかは分からない。

 それでも、これはまぎれもない「ラジオ番組」だ。自分が好きな曲を選んで、そのエピソードを話したり、音楽好きなら一度はやってみたいと思っていたことが、今日からできるのだ。

 できたエピソードはこちら。Spotifyアプリで聞いてほしい。できたらPremiumアカウントで。

photo とても簡単にできた、筆者がDJの音楽番組

 次はどのテーマでいくかな、と早くも夢想している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.