ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年08月24日 11時56分 公開

F1マシンの素材を使ったカシオ「エディフィス」発売 アルファタウリとのコラボで

カシオ計算機は24日、F1チームのScuderia AlphaTauri(アルファタウリ)とコラボした腕時計「EDIFICE」を発表した。文字板にはF1マシンのウイングなどに使われる6Kカーボンを採用した。

[ITmedia]

 カシオ計算機は8月24日、F1チームのScuderia AlphaTauri(アルファタウリ)とコラボレーションした腕時計「EDIFICE」(EQB-1200AT)を発表した。文字板にF1マシンと同じ6Kカーボンを採用した。価格は7万4800円(税込)。9月17日に発売する。

「EDIFICE」(EQB-1200AT)

 チームカラーのネイビーをベースカラーにメカニックがレース後に着用するウェアから着想を得た蛍光イエローをアクセントとした。秒針やインダイヤルの小針、ストップウォッチボタンなど視認性が求められる重要なパーツを蛍光イエローで着色している。

 文字板には6000本(=6K)のカーボンファイバー(炭素繊維)の束を編み込んだ6Kカーボンを採用した。F1マシンではウイングやフロア部分に使われるという。

 バンドは耐久性に優れるファブリック素材「CORDURA」。夜間作業時の安全に配慮して再帰反射シートをプリントした。日常生活に適した本革のバンドも付属する。

 アルファタウリは今期から日本人ドライバーの角田裕毅さんが加入し、国内でも注目度の高いF1チーム。カシオはScuderia Toro Rosso(トロロッソ)という名称だった2016年からオフィシャルパートナーとしてサポートしている。

F1マシンと同じ6Kカーボンを採用した文字板
視認性が求められる部分に蛍光イエロー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.