ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月26日 13時11分 公開

ヤマト、返品受け付けのWebサイト開設を代行 EC事業者向けに 集荷も対応

ヤマト運輸が、オンラインで返品を受け付けられる窓口の作成を代行するサービスを始めた。集荷など、返品に必要な作業も代行する。オンラインで返品を受け付けられる環境が整っていないEC事業者の利用を見込む。

[吉川大貴,ITmedia]

 ヤマト運輸は8月26日、オンラインで返品を受け付けられる環境が整っていないEC事業者に向けたサービスとして、返品窓口となるWebサイトの作成や、集荷などを代行する「デジタル返品・発送サービス」を始めた。価格は個別で見積もる。

 サイトのデザインやユーザーに入力してもらいたい項目などはEC事業者が指定できる。返品希望者は、ヤマト運輸が作成したサイトにメールアドレスや返品する商品の注文番号などの必要事項を入力。近くにあるヤマト運輸の配送拠点やコンビニなどに行くか、ヤマト運輸に自宅までの集荷を依頼し、荷物を渡せば商品を返品できる。

photo デジタル返品・発送サービスで作成したサイトを使った返品の流れ

 コンビニなどの場合はヤマト運輸が送るメールに添付された二次元コードを提示、自宅集荷の場合はドライバーが商品に伝票を貼り付けることで、それぞれ返品の手続きが完了する。このためユーザーが返品用の伝票を手書きしなくていい点が特徴としている。

 ヤマト運輸によればコロナ禍の影響で、荷物受け取りのプロセスにデジタル技術を取り入れる事業者は増えている一方、返品についてはアナログな対応を行っている事業者が多いという。同社はこういった状況を踏まえ、物流事業者向けに発送や返品を管理するソリューションを提供する英Doddle Parcel Servicesと協力して今回のサービスを開発したとしている。

 まずはギャップジャパンのファッションブランド「GAP」「Banana Republic」の公式ECサイトに提供。今後は他の事業者への提供も進める方針。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.