ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年09月03日 14時16分 公開

2億画素のスマホ向けイメージセンサーをサムスンが開発 業界最大の画素数

サムスンがスマートフォン向けでは業界初の2億イメージセンサーを開発。8Kの動画撮影にも対応する。

[山川晶之,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは9月2日(現地時間)、2億画素のスマートフォン向けイメージセンサー「ISOCELL HP1」を発表した。

(左から)「ISOCELL GN5」「ISOCELL HP1」

 同社ではこれまでも1億画素のイメージセンサーをスマートフォン向けに提供しており、同社のGalaxyシリーズや中国Xiaomiのスマートフォンなどで採用されている。今回発表したISOCELL HP1の2億画素は、モバイル向けでは最大となる画素数。

 ピクセルピッチは0.64μmと極小だが、16個のピクセルを一つのピクセルに統合(ビニング)する「ChameleonCell」技術により、2.56μmの開口度になる1250万画素のイメージセンサーとしても利用できる。集光効率を引き上げ、暗いシーンなどの撮影に有用という。

 また、30fpsでの8K動画撮影にも対応。4個のピクセルを一つのピクセルにビニングし、5000万画素のイメージセンサーとして使うことで、センサーの領域をトリミングや縮小することなく8Kの動画撮影を実現するという。

4個、あるいは16個のピクセルを統合(ビニング)することで、低照度環境での撮影を実現する「ChameleonCell」技術を採用

 さらに、1億画素のイメージセンサー「ISOCELL GN5」も併せて発表。ピクセルピッチは1.0μmで、1つのピクセルに2つのフォトダイオードを内蔵した「Dual Pixel Pro」技術を採用。2つのフォトダイオードをピクセル内に水平、または垂直に配置することで、像面位相差によるオートフォーカス速度が全方向で向上したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.