ITmedia NEWS > 製品動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月09日 12時55分 公開

手作業だったマンガ翻訳、AIで一部自動化 DNPと東大発ベンチャー、専用エンジン共同開発

DNPは、マンガ翻訳に特化したAI翻訳エンジンを、東大発ベンチャー企業と共同で開発した。DNPのマンガ翻訳システムに導入する。

[ITmedia]

 大日本印刷は9月8日、マンガ専用のAI翻訳エンジンを、東大発ベンチャー企業のMantra(東京都港区)と共同で開発したと発表した。同社の多言語マンガ制作システム「DNPマンガオンラインエディトリアルシステム MOES(モエス)」に搭載する計画で、年度内の実用化を目指す。

 MOESは、2016年から稼働している、マンガの翻訳・レタリング・校正・進捗管理などを行うクラウドシステム。マンガのレイアウトの吹き出しの中に翻訳した文章を直接入力できるが、翻訳作業は従来、すべて手作業で行っていた。

 今回、マンガ専用AI翻訳エンジンを開発する技術ベンチャーのMantraと協業。あらかじめ自動翻訳された文章が原稿に入力された状態から、翻訳の確認や修正を行えるようになった。翻訳会社で評価したところ、AI翻訳の導入によって翻訳時間が30%以上削減できたという。

 同社は国内外のマンガ制作関連事業で、5年後までに120億円の売上を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.