ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年09月14日 19時43分 公開

kintone、Boxなどが“政府認定クラウドサービス”に セキュリティ評価制度「ISMAP」に追加

政府が、セキュリティ評価制度「ISMAP」にサイボウズのクラウド基盤「cybozu.com」、グループウェア「Garoon」、ノーコード開発ツール「kintone」、米Boxのクラウドストレージ「Box」を登録したと発表した。サイボウズとBoxの製品は初登録。

[ITmedia]

 政府は9月13日、セキュリティ評価制度「ISMAP」にサイボウズのクラウド基盤「cybozu.com」、グループウェア「Garoon」、ノーコード開発ツール「kintone」、米Boxのクラウドストレージ「Box」を登録したと発表した。サイボウズとBoxの製品は初登録。今後、これらの製品は政府調達の対象品目となる。

photo ISMAPに登録されたサイボウズの製品

 Boxやサイボウズの製品に加え、NTTコミュニケーションズの企業向けデータ分析プラットフォーム「Smart Data Platform」、米OracleのIaaS「Oracle Cloud Infrastructure Platform as a Service」、パブリッククラウド「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築する「Oracle Exadata Cloud@Customer」も追加した。

photo 9月13日にISMAPに登録された製品

 ISMAPは、運用を担う情報処理推進機構(IPA)などが民間のクラウドサービスの情報セキュリティ対策などを事前に評価し、“政府認定クラウド”として登録する制度。各省庁は原則、ISMAP制度に登録されたサービスの中から調達する。

 9月14日時点では、米Amazon Web Servicesや米Google、米Microsoft、米Cisco Systems、米Salesforceといった外資系企業に加え、NECやKDDI、NTTデータ、富士通、日立などの製品が登録済み。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.