ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年09月15日 17時14分 公開

eスポーツ選手の癖をあぶり出すAI、KADOKAWA子会社が開発へ プレー映像から分析

KADOKAWA子会社が、eスポーツチームのゲームプレイ映像から選手の癖や特徴を評価する機械学習モデルを開発する。指導や戦術の立案に生かし、チームのパフォーマンス向上を目指す。AWSの専門チームが技術支援をする。

[ITmedia]

 KADOKAWA子会社のKADOKAWA Game Linkageは9月15日、同社が運営するeスポーツチーム「FAV gaming」のゲームプレイ映像から選手の癖や特徴を評価する機械学習モデルを開発すると発表した。指導や戦術の立案に生かし、チームのパフォーマンス向上を目指す。米Amazon Web Services(AWS)の専門チームが技術支援をする。

 数千時間のプレイ映像を機械学習モデルで解析。プレーの癖や特徴、傾向などを客観的に評価し、選手のスキルを把握できるようにする。まずは米Riot GamesのFPSゲーム「VALORANT」をプレーするチームに導入する。

photo FAV gamingのVALORANT部門

 機械学習の専門家チームが開発支援するAWSのプログラム「Amazon ML Solutions Lab」のサポートを受け、機械学習モデルを開発する。KADOKAWA Game Linkageによると、eスポーツプレイヤー向けにAWSのクラウドサービスを活用する試みは国内初だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.