ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年09月21日 22時00分 公開

iPhone 13と13 Proのカメラはどう違う? 撮影機能を作例と動画でチェック(1/5 ページ)

ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんが、iPhone 13と13 Proのカメラ機能をチェックした。

[大石結花,ITmedia]

 ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんが、iPhone 13シリーズのカメラ機能を試した。日常をVlogに記録するユーザーから見て最高だった機能はどれかというと……。


 9月24日に発売されるAppleの新世代スマートフォン「iPhone 13」シリーズを一足先に試す機会があり、カメラのテストをしてきました。

 「iPhone 13 mini」「iPhone 13」の背面カメラシステムは、センサーやチップも全く同じで、「Phone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」のPro同士でも差はなく、iPhone 12のように「Pro Maxだけで使える」というような機能はありません。4機種全てにA15 Bionicの新しいチップが入り、iPhone 13 miniとiPhone 13は4コアGPU、iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Maxは5コアGPUを搭載しています。

iPhone 13はセンサーシフトOIS搭載

 iPhone 13の背面カメラは斜めに配置されたデュアルカメラシステムに一新されていて、1200万画素の広角と、同じく1200万画素の超広角という2つのカメラが付いています。広角カメラはF値(絞り値)が1.6、超広角カメラのF値は2.4 です。前世代の12シリーズからF値や解像度は変わっていないのですが、センサーが新しくなっているため、全く別物といっていいでしょう。

 広角カメラは47%光を多く取り込めるようになり、12シリーズではPro MaxにしかなかったセンサーシフトOISという手ブレ補正の仕組みが、iPhone 13を含む全ファミリーで採用されました。超広角カメラも明るくなっていて、写真と動画でノイズが軽減されています。

photo iPhone 12世代と比べ、全てのモデルでカメラの部分が大きくなり、レンズの突起も少し増しています
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.