ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年09月28日 09時37分 公開

iPhone移行でApple Watchのペアリングに失敗したときの対処方法(3/3 ページ)

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団
前のページへ 1|2|3       

 Apple Watchのペアリングが完了しましたの画面に変わったら、次の手順として「新しいApple Watchとして設定」ではなく「バックアップから復元」をタップ。

photo Apple Watchのペアリングが完了しました

 新しいApple Watchとして設定しまうと、それまでApple Watchで収集してきたデータやバッジなどがすべてリセットされてしまう。

 直前まで使用していたApple Watchの名前がついたバックアップを選択する。

photo バックアップから復元

 案内に従って、Apple Watchを最新バージョンのwatchOSにアップデート。

 利用規約を読み、「同意する」をタップし、もう一度「同意する」をタップして次に進む。

 Apple Watchの復元が完了すると、iOSのWatchアプリでペアリングされたApple Watchが表示され  るが、元々のApple Watchに付けていた名前とは別の名称が割り当てられる。

photo Apple Watchの復元

 これは、システム上、ペアリング待ち状態になっているApple Watchが存在してしまうためだ。

 名称は後から修正できる。

 初期状態ではデータやバッジが表示されないが、iCloud上からデータのダウンロードが完了すると、元の状態に戻る。

前のページへ 1|2|3       

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.