ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月04日 13時07分 公開

ホンダ、新車のオンラインストア開設 国内メーカー初 サブスクで月額約3万円から

本田技研工業が国内自動車メーカー初の新車オンラインストア「Honda ON」を開設。オンライン上で新車の商談、見積もり、査定、契約、自動車保険の手続きが可能。サブスクリプションで購入でき、「N-BOX」や「FIT」など4車種を用意する。

[山川晶之,ITmedia]

 本田技研工業は10月4日、国内自動車メーカーでは初の新車オンラインストア「Honda ON」を開設した。新車の商談、見積もり、査定、契約、自動車保険の手続きが可能。運営は子会社のホンダセールスオペレーションジャパンが担う。

「Honda ON」

 スマートフォンの小さい画面での利用を想定し、人気車種やオプションを厳選したプランを掲載。サービス当初は「N-BOX」「FIT」「FREED」「VEZEL」の4車種を用意する。それぞれの車種に関するSNS上の口コミも表示。販売店への来店経験が少ないZ世代(1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代)へのリーチも狙う。

サービス画面

 購入方法はサブスクリプション方式を採用。カーナビなどの基本オプション、自動車税、点検・車検・交換部品などのメンテナンス費用などを全て含めて、N-BOXなら月額3万1610円から利用できる。ライフスタイルの変化に合わせて、期間途中での中途解約や乗り換え、買い取りも可能。購入方法は順次拡充する。

 サービス利用時のトラブルは、コンタクトセンターやチャットで対応する。ユーザーは契約後、納車やメンテナンスを受けるディーラーの店舗を選択。各店舗のユーザー評価や口コミは事前に確認可能だ。サービス当初は、東京都の84拠点に来店可能なユーザーが対象だが、2022年以降順次エリアを拡大する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.