ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月04日 19時30分 公開

「クリスタ」でブルースクリーンが出る不具合 「Edge」のペンタブ操作で発生 原因は調査中

セルシスは、同社のイラスト・漫画制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」を一部のWindows環境下で使った場合、ブルースクリーンエラーが発生し、PCが再起動する現象を確認したと公式Twitterアカウントを通して注意喚起した。

[松浦立樹,ITmedia]

 クリエイター向けソフトウェアを開発するセルシス(東京都新宿区)は10月4日、同社のイラスト・漫画制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」を一部のWindows環境下で使った場合、ブルースクリーンエラーが発生し、PCが再起動する現象を確認したと公式Twitterを通して注意喚起した。

 症状としては、Windowsの標準ブラウザ「Microsoft Edge」をペンタブレットで操作すると、ブルースクリーンエラーが発生しPCが再起動するという。CLIP STUDIO PAINTをペンタブで操作するのは問題ないものの、ランチャーソフト「CLIP STUDIO」からCLIP STUDIO PAINTを起動する際は、ペンタブではなくマウスで操作するように呼びかけている。

 このエラーについては、すでにMicrosoftに報告しており、同社では引き続き原因の調査を進める。最新情報などは公式Twitterにて案内するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.