ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月06日 15時32分 公開

キヤノン初のVR撮影システム「EOS VR SYSTEM」 R5+魚眼レンズで実現

キヤノン初のVR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」が年末にリリース。「EOS R5」と組み合わせて使う専用の魚眼レンズと、PC向け映像編集ソフトで構成。

[岡田有花,ITmedia]

 キヤノンは10月6日、同社初のVR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」をリリースすると発表した。ミラーレス一眼「EOS R5」(2020年7月発売)と組み合わせて使う専用の魚眼レンズ(2眼)と、PC向け映像編集ソフトを使い、3Dの180度VR映像の撮影から編集までを可能にした。それぞれ、2021年12月下旬に発売・公開する。

画像

 専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」は、オープン価格だが、直販サイト価格は27万5000円(税込)の見通し。

 2つの魚眼レンズを備え、左右の視差を利用してVR映像を撮影できるRFレンズで、8K相当の解像度で記録できる。特殊コーティングを採用し、逆光にも強いという。

 2眼レンズそれぞれから入射する光を単一のCMOSセンサーを通じて記録するため、撮影前のカメラ位置の調整や同期設定、撮影後に映像をつなぎ合わせるスティッチ作業不要で、映像制作ワークフローを効率化できるとしている。

 撮影した映像は、新開発のPCソフト「EOS VR Utility」または、「Adobe Premiere Pro」のプラグイン「EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro」を使って編集する。それぞれ、ダウンロードや簡単な機能は無料で利用でき、フル機能はそれぞれ月額500円(税込)または年額5000円のサブスクリプション方式。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.