ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月11日 21時48分 公開

サンリオ、本物の社員がVTuberデビュー

サンリオは「リアル社員VTuber」こと「なつめれんげ」を10月15日にデビューさせる。本物の社員が担当しており、仕事の話やサンリオの最新情報、ゲーム実況を配信する予定という。

[山川晶之,ITmedia]

 サンリオは10月11日、新たなバーチャルYouTuber(VTuber)として、「なつめれんげ」が15日にデビューすると発表した。同社で初めて“中の人”を社員が務める「リアル社員VTuber」で、マーケティング本部バーチャル課に所属する若手社員という設定。

「なつめれんげ」

 「サンリオ社員こそエンターテインメントであれ!」(同社)という思いからリアル社員のVTuber化を決めた。今後は仕事の話やサンリオの最新情報、ゲーム実況を配信する予定という。特技はモノマネ、バイオリン、謎かけ、短歌。

 なつめれんげ以外にも「ドーキ」と呼ぶ、熊のような見た目をした「妖精若手社員」もサポーターとして登場する。

 サンリオは2018年にも「ハローキティ」がVTuberとして動画を投稿するYouTubeチャンネルを開設し、ゲーム実況や「歌ってみた」などを配信している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.