ITmedia NEWS > 製品動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年06月09日 15時13分 公開

VTuberを“バーチャル観光大使”に 埼玉県が7月に公募 若手職員が発案

埼玉県は県内の観光業を盛り上げるため、県公認のバーチャルYouTuber(VTuber)を7月1日から7月20日まで特設サイト上で公募すると発表した。採用されたVTuberは「埼玉バーチャル観光大使」として、県内の観光地や特産品を動画で紹介する。

[樋口隆充,ITmedia]

 埼玉県は6月8日、県内の観光業を盛り上げるため、県公認のバーチャルYouTuber(VTuber)を7月1日から7月20日まで特設サイト上で公募すると発表した。採用されたVTuberは「埼玉バーチャル観光大使」として、県内の観光地や特産品を動画で紹介する。専門家らによる書類や動画の選考を経て、12月に任命式を行う予定。

photo 埼玉県が公募する「埼玉バーチャル観光大使」

 7月1日以降、特設サイトの専用フォームから応募できる。1次選考では埼玉県の観光プロモーションへの熱意などで候補者を絞った上で、2次選考では応募者にVTuberを使った、観光PR動画を制作してもらい、特設サイト上で人気投票を行う。投票結果や有識者の意見を踏まえ、バーチャル観光大使1人を任命する。

photo 審査の流れ

 その後、県は採用されたVTuberと2021年度末までの委託契約を結ぶとともに、活動費として100万円を支給。年度内にVTuberが出演する観光PR動画を3本制作してもらう。動画は県の公式ページに掲載する。活動方針が決まり次第、任期の延長も検討する。

 県の担当者によると、VTuberの人気や発信力に着目した若手職員の発案で実現。県は「若者に県の魅力をアピールしたい」と話す。コロナ禍で海外からの訪日観光客数が減少し、県内の観光業が打撃を受けていることから、アフターコロナを見据え、若者を中心に国内の観光客誘致にもつなげたい考え。

photo プレスリリース

 自治体PRへのVTuberの活用では、茨城県が2018年8月、全国初の自治体公認VTuber「茨ひより」を県職員として採用すると発表。県内の観光地紹介の他、国際会議の歓迎レセプションの映像に起用している。

 茨城県によると、茨ひよりの起用以降、県の公式YouTubeチャンネルの登録者数は7万人以上増加し、動画再生数も急増。21年3月末までの経済効果を広告費に換算すると約5億円に達するという。

photo 全国初の自治体公認VTuber「茨ひより」(出典:茨城県公式ページ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.